〜LGBTと仕事について考えてみた〜
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | - | PAGE TOP↑
コクチ☆「働くセクマイ」イベントが行われるそうです
category: イベントのお知らせ | author: mosso-lgbt
こんにちは、mametaです。
試験の追いこみでひーひーいっているところなんですが、今日はイベントのお知らせ。

AGPさんが「働くセクマイ」をテーマにイベントを行うようです。
会員じゃない方も参加できるようなので、 仕事について何か参考にしたい方、シューカツ中の方など、ご興味あればご参加くださいまし。
大阪ではQWRCさんが労働に関するイベントを行っているそうです。
こちらもご興味ある方はぜひ。
 
★以下・転送です★
===========
「働くセクマイ 
〜職場を、LGBにとって居心地のよいものにするために〜」

LGBにとって、「職場の居心地のよさ・悪さ」は、しばしば問題になることだと思います。

→職場の上司・同僚は(キャラからして)カムアウトしてもわかってくれそうもない、

→しかししきりに「お前も早く結婚しろ」だの「彼女・彼氏(異性の恋人)はいないのか?」だのときいてくる、

そんなメンドーなシチュエーションに閉口する経験をしたことのあるLGB当事者は少なくないと思います。
今年度最後となる2月のAGPの定例会では、

●一般企業に勤めるレズビアンの方、および、
●御自身もゲイであり、企業内カウンセラーとして働いている臨床心理士の方、

お二人をスピーカーとして迎え、

→LGBである自分が、今の職場でできるだけ居心地よく働けるためにはどうしていったらよいか、

→LGBであることによって生じ得る職場の居心地のわるさをどうしたらできるだけ軽減できるか、

そんなことを、皆で意見を出し合い一緒に考えたいと思います。
どうぞ、奮ってのご参加をお待ちしております!

■日時:2011年2月6日(日) 
 開場 13:00  開始 13:30  終了予定 16:30
    ・13:30〜14:10 ゲストスピーカーお二人のお話
   ・14:10〜14:30 質疑応答
   ・14:30〜14:40 休憩
   ・14:40〜16:20 参加者皆でのディスカッション
   ・16:20〜16:30 アンケート記入

■参加費: 会員 700円  非会員 1,200円

■会場:新宿区住吉町生涯学習館 学習室A
http:// www.reg asu-shi njuku.o r.jp/?p =646  
東京都新宿住吉町13-3 Tel:03-3351-6566
最寄駅:都営地下鉄新宿線 曙橋駅(A2出口) 徒歩5分
comments(2) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
イベント☆名古屋で仕事・就職の相談会
category: イベントのお知らせ | author: mosso-lgbt
あけましておめでとうございます、mametaです。
今年もよろしくお願いします。

さて、今日は友人から名古屋で仕事・就職の相談会があると連絡をいただいたので転載します。ご興味ある方はぜひどうぞ!

------------------------------------------

皆様あけましておめでとうございます!!
私達、GID PROUDは、
1月15日(土曜日)に第5回 定例会を行います。
テーマは『仕事・就職』。

就職難と言われている昨今ですが、
セクマイの皆様は人一倍悩みながら、
悔しい思いをして仕事をしたり、
就職活動をしていることと思います。

そこで、今回は『仕事・就職』について
皆様で悩みを共有し、解決しよう!!という
機会を設け、お悩み相談会を行います。

GID Proud の自慢でもある、
多様なセクシュアリティと、幅広い年齢層の
スタッフや、参加者の皆様で
さまざまな視点から
あなたの悩みを解決しませんか?

-----------------------
★日時★
1月15日(土)
16時〜19時

★場所★
コミュニティスペース「rise」NEWSビル3F
名古屋・栄の女子大小路、池田公園スグ
池田公園南西角向いのうどん屋さん「どんどん庵」横
http://aln.sakura.ne.jp/rise2.htm

★参加費★
一般・・・300円
※無収入など経済的にお困りの方は免除もあります。
高校生以下・・・無料(当日、学生証をお持ちください)

★懇親会★
定例会終了後、新年会を兼ねて行います。
参加費・・・3000円程度(未成年の方は減額します)
※20歳以下の方の飲酒は法律で禁止されています。

★参加申込★

info.gid@proudlife.org
またはプチメまで事前申し込みをお願いします。
当日の飛び入り参加もできます。

皆様お誘いあわせの上、ご参加ください!!


----------------------------------------
comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
コクチ☆大阪でLGBTと労働のイベント
category: イベントのお知らせ | author: mosso-lgbt

(writer:mameta)

こんにちは、まめたです。
またもやイベントのお知らせです。
大阪LGBTと労働のイベントが開かれているとのことで、そのコクチを転載します。
ご興味ある方はぜひご参加ください。

以下、
http://qwrc.exblog.jp/13678649/より


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

LGBTと労働 
第三回:「職場におけるセクシュアルマイノリティの工夫」

12月4日(土)16:00〜18:00

職場で、就職活動でどんな工夫をしていますか
こんな場面ありませんか?

・あそこで何してたの? 結婚話が出たら? 部屋にこられそう、どうする?な
どなど


会社やバイトでのセク系「工夫」を聞いたり話したりする参加型トークイベント
です。


参加費:500円
場 所:バザールカフェ
    京都市上京区烏丸今出川上ル岡松町258
    最寄駅今出川駅

主催:QWRC http:// www.qwrc.org/
協力:ユニオンぼちぼち http:// rootless.org/botiboti/
申込:QWRCまで(会場に限りがあります。できましたら事前にご予約ください。

       
http://qwrc.exblog.jp/13678649/

この企画は、LGBT当事者が自分の労働環境を考える機会にすると共に
地域社会に対してLGBTにとっての労働環境の不自由さを伝え
お互いに働きやすい環境を作っていくきっかけづくりを目的としています。
 *大阪府人権協会助成事業

今後の予定…
第四回:1月8日(土)13:00〜 
    参加費1000円  場所:大阪医療技術学園専門学校
第五回:2月5日(土)16:00〜 
    参加費500円 場所:QWRC
---------------------------------





comments(1) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
中央大学にて辛淑玉さんの講演が開催
category: イベントのお知らせ | author: mosso-lgbt
 11月24日(水)に中央大学の多摩キャンパスにて辛淑玉さんの講演が開催されます。



「人権力を養う〜想像力を広げる視点〜」

場所:中央大学多摩キャンパス3号館3115号教室

時間:16:40~18:10

主催:ハラスメント防止啓発委員会


〈辛淑玉さんに関する簡単な紹介〉
株式会社博報堂の特別宣伝班を経て、1985年人材育成会社(株)香科舎設立。
現在、企業、自治体、教育機関、各種団体からの依頼を受け、
改正均等法をベースにした人材育成、人権に関わる研修・講演を担当、テレビ・ラジオ等でも活躍。
著書には『悪あがきのすすめ』『差別と日本人』他多数。

2010年東京プライドで配布された「In-Q」という冊子の中でも辛さんの「Diversity~多様性の中で生きる~Diversityとは何か?」という記事が掲載されています。


LGBTだけではなく、様々なマイノリティに関する活動を行ってきていらっしゃる方です。
まめたさんによるとトークがとても面白いらしいので、お時間がある方は是非足を運ばれて下さい。
comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
コクチ☆11月に横浜市で市民講座
category: イベントのお知らせ | author: mosso-lgbt
(writer:mameta)

 11月に横浜市にて、セクシュアル・マイノリティの連続市民講座が行われます。
テーマは学校、職場。

mametaも講師として参加します。就活での経験など話す予定です。
これからの就職のこと、職場でのことなど話し合える機会ですので、
ご興味ある方はぜひご参加ください☆

【以下転送歓迎】
================
男女共同参画センター横浜北
【市民・NPOがつくる男女共同参画事業】
セクシュアル・マイノリティとカミングアウト【全3回】
〜学校で、職場で、皆どうしていますか?〜


http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-p/p-seminar/search/detail/?id=1955


内容
「人は誰しも男か女かに生まれ、成長するにつれ異性を好きになるものだ」という考えは、わたしたちの意識のなかに織り込まれており、人とのかかわりや社会制度も、こうした考えを前提に動いています。異性指向で、性別違和のない人にとって、こうした前提はとても便利です。自分が何が好きか、どういうことを大事にしたいか、めざしたいかをごく自然に話題にできるからです。また、特に話題にしなくても、そうした前提で周囲に受け入れてもらえます。
けれど、この前提にあてはまらないセクシュアル・マイノリティは、どういう体験をしているでしょう。

この講座では、学校や大学、職場などで、カミングアウトが適切に受けとめられていない実態を、体験談から明らかにし、そうした実態を踏まえ、セクシュアル・マイノリティが“クローゼット”から出られない構造について、考察を深めます。

第1回 11月3日(水・祝)13:30〜16:30
セクシュアル・マイノリティが社会に出るまで
ー学校/大学、就職活動で 
 
 
  
講師:杉浦郁子 話題提供者:遠藤まめたさん、レロさん他
進行役:宇佐美翔子

第2回 11月14日(日)13:30〜16:30
 セクシュアル・マイノリティが働くことー職場で 
  
 
 講師:宇佐美翔子 話題提供者:フレーザー真実さん他
 進行役:ミナ汰

第3回 11月28日(日)13:30〜16:30
セクシュアル・マイノリティとともに学び、働くこと     
 ーカミングアウトされた側は? 
 先生、同僚/人事担当者に聞く 
  
 
 講師:RYOJI 
 話題提供者:朝倉景樹さん(東京シューレ、シューレ大学)他 
 進行役:小林りょう子さん(LGBT家族と友人をつなぐ会東京)

開催日時
11月03日 (水) 13:30 〜 15:30 15:30〜16:30交流会
11月14日 (日) 13:30 〜 15:30 15:30〜16:30交流会
11月28日 (日) 13:30 〜 15:30 15:30〜16:30交流会
定員35人

参加費
1回:1,000円(学生・無収入・年金受給の方500円)、 3回通し参加:2,500円

保育
1歳6ヵ月〜未就学の子どもが対象です。4日前までに要予約、有料、先着順。保育の申込先:アートフォーラムあざみ野子どもの部屋: 045-910-5724

共催等
“共生社会をつくる”セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク

受付形式 先着順

申込方法 FAX 03-5840-7640: 共生ネット事務局
・氏名(ふりがな)
・電話番号またはメールアドレス
・何を見ての応募か
・参加申込日
・前売券(3回通し2,500円) 希望の有無
※前売券(3回通し2,500円)ご希望の方は、メールかFAXにてお申込みのうえ、下記の銀行口座に代金をお振込ください。送金済み確認票が入場券となります。
みずほ銀行 新宿西口支店 店番 353
口座番号 4768612
口座名 共生社会をつくるセクシュアルマイノリティ  
Eメール kyosei2008net@yahoo.co.jp  

会場
アートフォーラムあざみ野セミナールーム1・2

交通手段
横浜市営地下鉄・東急田園都市線
あざみ野駅下車徒歩5分
http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-c/c-kita/accessmap/続きを読む
comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
吉野家牛丼事件での「企業」の動き方
category: エッセイ | author: mosso-lgbt
(writer:mameta)

「吉野家にゲイカップルがいて、むかついたから牛丼を投げつけてビンタしてやった」

――瓜田純士という芸人によるアメブロ公式ブログでの投稿が物議をかもした事件を、ご存じだろうか??

瓜田氏による「吉野家地獄絵図」と題された日記は、ゲイへの憎悪犯罪を正当化する内容だとして非難され、また「書かれた内容が事実だとしたら、立派な暴行事件だ」として、LGBTコミュニティから不安を訴える声が多数あがった。

(参考:togetter「ゲイがキモいから牛丼投げつけてビンタしてやったぜ!」)

いくつもの問題点、論点の指摘があったが、企業への問い合わせとしては

・吉野家でゲイカップルが襲撃されたのは事実か?それとも虚言か?
(事実確認の依頼と、どのように対応をしたかについての吉野家への問い合わせ)

・瓜田氏の公式ブログでの発言を野放しにしているサイバーエージェントは何を考えているのか?
(犯罪行為をそのまま「アメーバ公式ブログ」であげ続けているサイバーエージェントの姿勢はどういうものか?なぜ、放置しているのか?という問い合わせ)

が相次いだ。

(参考:togetter「瓜田純士、「ゲイカップル襲撃」事件の波紋 & 続編 )

結果として、企業からの対応は

・吉野家は問い合わせをした一部の人に対して、きちんと公式な回答を返した
・サイバーエージェントは、今回の事件に関して検討を表明することはせず、突然瓜田氏のブログを閉鎖する(以前のブログは強制削除する)ことで対応。


というように反応がわかれ、twitter上では

・「吉野家はきちんと回答してくれた」という評価の声
(※吉野家が一部の人には回答していないことに対する疑問の声もある)
・「サイバーエージェントはいまだ回答なしか・・」という不満、落胆の声


という企業評価に結び付いている。

(参考:吉野屋事件 瓜田純士ブログにて脅迫⇒アメブロ退会までの流れ  twitterでは#urita)

※ちなみに、「吉野家での襲撃事件」自体は瓜田氏による狂言だった可能性が大きいです。

この事件。さまざまに考えることができると思うのだけれど、
ひとつには、LGBTに対する企業の反応の仕方(ヘイトクライム対応例)として、mosso!!的に考えることができるかなと思い、今回は少し書いてみることにした。

以下、mametaの独断による、今回の企業の評価です。爆

☆吉野家の対応 :ピンチをチャンスに変えて好印象?(あともう少し)

問い合わせをした人の一部に対し、誠実な回答と「暴力へのアンチの姿勢」を強固に打ち出した点において、どちらかというと「評価があがった」例だと思う。ただ、残念だったのは、問い合わせをした人全員に回答をしたわけではなかったところ・・。これで、問い合わせした人全員に同様の対応をしていたら、おそらく現状ではベストな対応ではなかったか??

ちなみに、吉野家からの公式回答はこちら。

********************************

拝啓、初秋の候ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。
平素は吉野家に格別なるご高配を頂き、誠にありがとうございます。


さて、前回お問合せをいただきました
瓜田純士氏のブログに掲載された吉野家店舗内の暴力事件について
ご報告させていただきます。

弊社では、直ちに全店舗を対象に調査いたしましたが、
ブログに記載された様な事実はございませんでした。
また、本人が吉野家からもらったと言っているサービス券につきましても、
牛鍋丼販売店舗で、店舗をご利用いただいたすべてのお客様に対してお配りしている
「サイドメニュー50円割引券」であり、
特定の方にお配りしている券ではございません。

瓜田純士氏のブログ自体も現在は削除されており、存在しない状況でございます。

弊社では、お客様と従業員の安全を守るため、
全店舗で警備会社と連動した防犯体制を整えており、
店内で暴力行為等があればオンラインで状況を察知して
警察へも即時通報を行っております。

また、弊社では、犯罪行為等に対しては、
法的対応も含めて断固たる措置を執っていくことを基本スタンスとしております。

調査結果並びに弊社の考え方といたしましては、以上のとおりでございますので、
皆様におかれましては、今後とも引き続き、
安心して吉野家をご愛顧くださります様にお願い申し上げます。

================

☆サイバーエージェントの反応 :コトを荒げたくなかったこと(?)が裏目に出た。評価がた落ち

いっぽう、さまざまな問い合わせに対していまだ見解をしめしていないサイバーエージェントには失望と非難の声が相次いでいる。アメブロ・ユーザーのLGBTは、もう一斉にボイコットしたほうがいいんじゃないか、という声さえあがった。

「あんな記事をあげ続けたサイバーエージェントの企業としての姿勢を問いたい」
「いまだ回答なしか」
「いきなりブログ閉鎖なんて・・(別に、そこまでのことを望んでいたわけじゃなかった)」

などの声が相次いだだけではなく、
ブログを閉鎖された瓜田氏のファンからも非難の声があがり、
瓜田氏からはサイバーエージェントの担当者への名指しでの脅迫さえおきた。

これは、危機管理としてはマズすぎたんじゃないだろうか。
いや、「最悪だった」といってもよかったんじゃないか??

サイバーエージェントは、今からでも何らかの見解を示したほうがよいだろう。
このままだと、大量失点しただけ、になってしまう。

☆番外編: ちゃっかりTENGAの企業イメージがあがった点

瓜田氏による記事が物議をかもしていたとき、twitter上ではTENGAの公式アカウントによる「差別かっこわるい」発言があった。

「差別かっこわるい」なんて当たり前のこと、だれでもいえると思うのだが、
「タイミングがもっとも重要」はこのことだったと思う。

事件直後、本当にそのような事件があったのか、吉野家からもサイバーエージェント側からも反応がなく、みなが不安になっている中で、企業としてしっかりと(ちゃっかりと?)意見表明したTENGAには、心をギュッとつかまれた方も多かったそうで、高評価が相次いだ。

他社の事件から「ちゃっかり」評価をあげたTENGA。
twitterはこういう使い方もあるんだと思う。

☆総合評価

以上、おもにtwitterでのやりとりから、3社への評価を見てきたが、今回の経緯としては
「表面からきちんと姿勢を出した吉野家」には好印象、
「ことなかれ主義的に、姿勢を表明しなかったサイバーエージェント」は大量失点、
ちゃっかり便乗したTENGAはうまかった、

という現状になっている。

差別事件自体は、だれがみても不当なものだと思う。
当たり前のことを当たり前に回答することが、実はシンプルに信頼を得る方法なんじゃないかと思った。

ちなみに、飲食店での憎悪犯罪は、海外ではよく見られる事件となっている。
今後、不幸にも似たようなことが起きた場合に、企業がどのように対応すべきか、今回の事例から学べるところがあるように思う。
comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
告知☆大阪のDISTAで労働相談
category: イベントのお知らせ | author: mosso-lgbt
 さて、昨日に引き続き、mametaがお届けします。

来月大阪のdistaというスペースで、来月労働相談が開かれるみたいです。
ご興味のある方はぜひチェックを☆

以下、QWRCさんのブログより転載です。

======================
 
 「DISTAで労働相談しちゃうぞ」

◆◇ 「LGBTと労働相談」◇◆
第二回「DISTAで労働相談しちゃうぞ」
LGBTの労働環境を考える第二段は、
distaでやっちゃいます!!

一回目は定員15人の会場に21人参加。
白熱しちゃいましたわー。

仕事で感じる、仕事だから仕方がないよね、、
ということが実は、労働問題じゃん、しかたなくない
おかしいって思っていいことなんだって心強くなりました。

労働問題ってなんだか怖そう、なんだかわからないわーと
いう方、ぜひ、次回はdistaへ!!!

10月25日(月) dista(ディスタ)
時間:20時〜 22時(予定)
住所:大阪市北区堂山町17-5 巽ビル4F 
[WEB] http://www.mash-osaka.com/

参加費:500円 *カンパ歓迎
内容は、近日公開。労働相談もできます。

主催:QWRC http://www.qwrc.org/
協力:ユニオンぼちぼち http://rootless.org/botiboti/

申込:QWRCまで info★qwrc.org 会場に限りがあります。 
   できましたら事前にご予約ください。
   ★を@に変更ください。

この企画は、LGBT当事者が自分の労働環境を考える機会にすると共に
地域社会に対してLGBTにとっての労働環境の不自由さを伝え
お互いに働きやすい環境を作っていくきっかけづくりを目的としています。
 *大阪府人権協会助成事業

今後の予定。。
◇テーマ候補
▼LGBTとセクシャル・ハラスメントとパワー・ハラスメント/▼LGBTと非正規雇
用/▼職場の環境とカミングアウト/▼LGBTの労使紛争の解決に向けて/など

------------------------------------------------------

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
LGBTと仕事、国内の動き【労働環境編】
category: 文献紹介&レビュー | author: mosso-lgbt

こんにちは、mametaです。
こちらのブログでは初投稿になりまーす。みなさまどうぞよろしゅう。

先日オイヌマさんが文献紹介を載せてくれたので
自分も便乗して、主に日本国内の情報を中心に、近年の動きを紹介していきたいと思います☆

今日は、まずは労働環境に関連することから。


【小冊子が出ています!】
『WORKING TOGETHER 働く人のLGBT入門ハンドブック』


まずご紹介したいのは『WORKING TOGETHER 働く人のLGBT入門ハンドブック』
発行元は「PSI東京事務所」「自治労」「レインボーネットワーク」が共同して作った「WORKING TOGETHER編集委員会」で、2009年に発行されました。現在は好評につき、在庫がないとのことですが、

ハンドブック 目次
1 働くLGBT
2 LGBTをめぐる日本の現状
3 諸外国の取り組み
4 働くLGBTの声
5 アクションプラン
6 資料集

と、充実した内容になっています。ご興味のある方はぜひ探してみては。
この冊子については、レイバーネットのHPでも詳しくご紹介されています。

【LGBTが安心して話せる労働相談ホットラインがあります!】
大阪のQWRCというセンターが、2009年12月末より労働相談をやっているようです。
以下、ウェブサイトの情報より。

=========
毎月 第一月曜日 19時半〜22時半
電話相談専用番号 06−6377−5447


2009年12月から労働相談を開始しました。
職場のパワハラ・セクハラ・いじめ、納得のいかない解雇、
未払い賃金・未払い残業代、仕事中の怪我、休職手続き、
労災申請、職場環境・労働条件の悪化など。

========

が相談できるようです。気になることがあるという方は、ぜひご活用ください。
また、QWRCが主催の労働に関するイベントなども企画されていくようですので、見つけ次第このブログでも随時ご紹介していきます。


【トランスジェンダーが安心して働ける職場を!】

トランスジェンダーの労働問題についてとりくんでいる労働組合があります。

・ユニオンぼちぼち
京都と大阪を中心に活動している労働組合。個人から入れるそう。
・ユニオンぼちぼちによる「トランスジェンダーが安心して働ける職場を!」ブログ
実際にトランスジェンダーで不当解雇された方と一緒に戦っている様子が伝わってきます。


とりあえず、今日のご紹介はここまで。
他に、「こんなところ知ってるよ」という方がおられましたら、ぜひコメントお願いします☆

comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
文献紹介
category: 文献紹介&レビュー | author: mosso-lgbt
 えー、初めまして。オイヌマです。
初投稿なので、御挨拶をば。


タイトルの通り、いくつかLGBTのダイバーシティに関する文献を紹介します。
ただし、企業内部のダイバーシティに関しては海外の文献です。
日本ではまだ文献になるほど研究されていないのが現状です・・・・・。

市場調査については、日経ビジネスなので日本語です。


「Sexualities, Work and Organizations
Stories by gay men and women in the workplace at the beginning of the twenty-first century」
James Ward

これは論文ではなくハードカバーの本です。
ただ、書店で見つけるのはなかなか難しいかも。
因みに私はアマゾンで購入しました。ただ、結構高いです・・・・。

学術的な話だけではなく、当事者のstoryも織り交ぜて書かれています。
最近読み始めたばかりですが、読み応えがありますよ。


Human Rights CampaignのHPのpublications

Human Rights Campaignホームページの中にpublicationsというページがあるんですが、
そこにLGBTの労働に関する調査資料を閲覧、ダウンロードができます。
興味のある方はどうぞ!!因みに無料です。


「Lesbians:Identifying, Facing, and Navigating the Double Bind of Sexual Orientation and Gender in organizational Settings」
Julie Gedro,「New Directions for Adult and Continuing Education」No.112,Winter 2006
p41-50

これは入手しただけでまだ読んでいません。ざっとintroductionと見出しを確認しただけです。
ただタイトルから推測できるように、レズビアンはセクシュアルマイノリティというだけではなく、
女性という立場によっても差別を受けることがある、ということに関して書かれているようです。


「LGBTQ Issues inOrganizational Settings: What HRD Professionals Need to Know and Do」
Corey S. Munoz, Kecia M. Thomas, 掲載雑誌は同上です。↑
p85-95

これもまだ読んでません!!
ただ、冒頭でセクシュアルマイノリティの人口比率が10~14%と書かれています。
(Powersという方の文献からの引用ですが)
この数字には驚きましたね。Powersさんの論文も読みたい。
ついでに↓
「The Impact of Gay, Lesbian, and Bisexual in Workplace Issues on Procuctivity」
Powers B, 「Sexual Identity on the Job: Issues and Services」(1996)




「日経ビジネス」
2007年2月26日号
「巨大市場『LGBT』とは」
2007年4月16日号
「眠れるLGBT6兆円市場」

日経ビジネスにて、LGBT市場に関する記事が掲載されたことがありました。
海外の市場と市場への取り組みや、日本の現状(2007年当時の)が書かれています。

ちなみにパジェンダという会社が行ったLGBT市場調査はゲイ・ジャパン・ニュースにて
閲覧することができます。



今回はこの辺で。
まだあるので、後日また情報を追加します〜。
comments(1) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
「mosso!!」メンバー紹介
category: このブログについて | author: mosso-lgbt

                                                                    writer: mosso!!
「mosso!!」を書いているメンバーを紹介します!

2010年9月11日現在

オイヌマ ノリコ :
都内の大学院生。
セクマイやジェンダーに興味を持ち、現在LGBTの労働に関する研究しようと模索中。
趣味は読書、映画鑑賞。
本は児童書から専門書まで、映画はB級からメジャーまで観ます。
 
宜しくお願いします。


薬師実芳(やっくん):

都内に住むFTMパンの大学三年生。
好きなものはチョコアンパン、怖いものは高いところと犬。
これから就活やー!ということで、就活記もがしがし載せていけたらと思います!
よろしくお願いします\(^o^)/


mameta:

「遠藤まめた」名義でLGBT関連領域で様々に活動。来年からは獣医師(の予定)。
おもにLGBTの若者支援、教育分野について活動してきたが、興味分野は多岐にわたる。
個人ブログ: ”俺オンナ”の取り乱し

好きなものは廃墟と音楽とインドカレー。
もっと詳しいプロフィールは こちら

                                       
comments(0) | trackbacks(0) | - | - | PAGE TOP↑
new old
PR
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH